リスク管理ソリューション・コンプライアンス・スクリーニングのクラウド料金

 AEBは必要なコンプライアンス・スクリーニング機能が正確に利用できるように設計された様々な料金プランを用意しています。リスク管理ソリューションのニーズに最適なプランをお選びください

Clear and simple: our cloud solution pricing models

Basic

From USD 133/month

plus setup fee 

25,000 address checks/year
USD 0,0037 for each additional address check


Business

From USD 514/month

plus setup fee

2,500,000 address checks/year
USD 0,0023 for each additional address check


Enterprise

From USD 2,662/month

plus setup fee

25,000,000 address checks/year
USD 0,0013 for each additional address check


Request an individual, non-binding quote


Compliance Screening Product expert Olga Pramberger

コンプライアンス・スクリーニング・プロダクトエキスパート、Olga Pramberger

AEBのコンプライアンススクリーニングでは、ビジネスの連絡先をグローバルな制裁リストとリアルタイムで照合します。効率的かつ確実に

 コンプライアンス・スクリーニングに関する質問ですか?

Which sanctions lists do I need to screen my business partners against? ビジネスパートナーのスクリーニングには、どの制裁リストを利用すれば良いですか?

EUに拠点を置く企業であれば、通常、EUの禁輸措置、または国内法の様々な機関が定める制裁と規制対象者のリストのみを心配する必要があります。

一つ目は、修正規制を含むEU テロ対策のための規則 881/2002 (ISIL/DaeshおよびAl-Qaida)、2580/2001 (テロ容疑者)ならびに 753/2011 (アフガニスタン) が定める禁輸措置。また、名前のリストが添付された
国別のEUの禁輸措置があります。これは、イラン、イラク、コンゴ民主共和国、北朝鮮、スーダンを含む国々に対して適応されます。

責任ある国内当局のウェブサイトには、テロ対策規制と国別の禁輸措置の現在のリストが含まれており、その一部には付属書に名前リストが含まれています。

米国は、その輸出管理法について世界的な権威を主張しています。米国の管轄地域で事業を行う企業は、米国の法律を確実に遵守しなければいけません。これは、米国でなくEUに拠点を置く企業に対しても適応されます。米国は、さまざまな背景と法的影響を持つ多数のブラックリストを維持しています。世界的な管轄権は、これらのブラックリストのほんの一握りに対してのみ主張されています。

コンプライアンス・スクリーニングで利用できるのはどのリストですか?

. コンプライアンス・スクリーニングは、包括的なリスク管理のための国際的なリストまたはリストのパッケージの広範なライブラリを提供します。

コンプライアンス・スクリーニングの制裁リストの詳細」 >利用できるすべての制裁リストを確認する

.現在のリストも、継続的に拡張されています。

 AEBのリスク管理ソリューションで、独自の制裁リストを作成することはできますか?

 はい。コンプライアンス・スクリーニングでは独自のリストを作成し、制裁対象者を定義づけできます。

コンプライアンス・スクリーニングの制裁対象者リストはどのくらいの頻度で更新されますか?

 毎日更新されます。関連当局のウエブサイトの規制対象者リストの情報元にアクセスし、パッケージにデータを統合し、毎晩サーバーにアップロードし、そこでサーバーからダウンロードができるようにしています。コンプライアンス・スクリーニングの 設定により、このファイルを毎晩サーバーから自動でダウンロードします。これにより、規制対象者リストは常に最新の状態となります。AEBのコンプライアンス・スクリーニングは、あなたのビジネスを保護する、パワフルなリスク管理ソリューションです