SAP®内で直接利用:コンプライアンス・スクリーニング・プラグイン

SAP®向けの、AEBのコンプライアンス・スクリーニング・プラグインは、ERPシステム内に、シームレスに統合することができます。システム内にあるビジネスパートナーのアドレスを、 財務(FI)、人事 (HR)、 資材管理(MM)、販売(SD)分野におけるさまざまな公式制裁リストと照合します。重要な取引は、コンプライアンス担当者がスクリーニング結果を評価するまで自動でブロックされ、ビジネスを保護します。スペシャル・コンプライアンス・モニターSAPで直接利用可能で、詳細な概要を表示することにより、素早い決断を可能にします。AEBプラグインは、SAPの標準テクノロジーに基づいており、 ERP ECC®とSAP S/4HANA®の両方を変更なしにSAPシステムにスムーズに統合します。

SAP App CenterSAP App Center
SAP®内で直接利用:コンプライアンス・スクリーニング・プラグイン

Microsoft Dynamics 365: IONAXの AEB-コンプライアンス・スクリーニング・コネクター

Microsoft Dynamics 365: IONAXの AEB-コンプライアンス・スクリーニング・コネクター

IONAXの AEBコンプライアンス・スクリーニング・コネクターは、Microsoft Dynamics 365 Financee & Operationで直接、ビジネスパートナーのスクリーニングを統合できます。それにより、販売、カスタマーサービス、運用、財務、フィールドサービス、プロジェクトサービスの自動化、マーケティングを行う一般的なシステム環境で、顧客、ベンダー、連絡先、ビジネス見通しを直接スクリーニングします。Microsoft Dynamics 365のスペシャル・コンプライアンス・モニターが、重要な商取引の詳細な概要を表示することにより、コンプライアンス担当者の素早い決断を可能にし、ビジネスの安全を守ります。AEBコンプライアンス・スクリーニング向けのIONAX コネクターによりMicrosoft Dynamics 365システムとAEB貿易コンプライアンス・ソリューション間を簡単に統合します。

Microsoft Dynamics 365: IONAXの AEB-コンプライアンス・スクリーニング・コネクター

 便利: Salesforce内のコンプライアンス・スクリーニング App

「Salesforce内でのビジネスパートナーのスクリーニング」とは、Salesforce向けのAEB のアプリケーションの名前です。Salesforce AppExchangeで入手でき、システムに簡単に統合できます。顧客、連絡先、見込み客、商談、顧客取引そして契約。こうした重要な商取引は、アドレスコックピットに便利な概要が表示されます。そしてスクリーニングのマッチに関する全ての必要な情報を提示します。これにより、コンプライアンス担当者の素早い決断を可能にします。承認プロセス Salesforce内でワークフローをリリース) 善人と定義されるまで、影響を受けるビジネス目的を停止し、それ以上の手続きを防ぎます。

 便利: Salesforce内のコンプライアンス・スクリーニング App

proALPHA®で直接貿易コンプライアンス・リスクを最少化

proALPHA®で直接貿易コンプライアンス・リスクを最少化

 proALPHA®向けの、AEBのコンプライアンス・スクリーニング・プラグインは、ERP内で直接、すべてのアドレスデータベースを保護します。これには顧客、金融機関、従業員、その他のアドレス情報が含まれます。新しい連絡先が作成される、または新しい取引が発生すると直ぐに、全ての関連するアドレスを自動でスクリーニングすることができます。アドレスは、コンプライアンス状況に基づいて監視および管理されます 新しい作成中 作成中、処理中、削除中、メール転送中、ナレーションプロトコル中

他のシステムへの統合ですか? ファイルチェックまたはAEBのAPI

その他のITシステム内のアドレスをチェックするためにコンプライアンス・スクリーニングを利用されたい場合は、ファイルチェック・オプションまたは、AEB'sのプログラミング・インターフェース(API)をお使い下さい。ファイルチェックの間は、アドレスファイルがアップロードされ、コンプライアンス・スクリーニングでチェックされます。オンデマンドまたは自動で行うことができます - 詳細については こちらまでご連絡ください リアルタイムでのチェック、およびシームレスな統合のために、プログラミング・インターフェースを利用するには、テスト機能を含む最新のAPIドキュメントを提供しています。貿易コンプライアンスAPI Hubにアクセスして、開始する必要のある全てのITチームを見つけてください

他のシステムへの統合ですか? ファイルチェックまたはAEBのAPI